言語 English
Slide 1 Slide 2 Slide 3 Slide 4 Slide 5 Slide 6 Slide 7 Slide 8

東京大学バイオロギングプロジェクト

東京大学バイオロギングプロジェクト(UTBLS)は、2007年に発足しました。海洋生物の知られざる生態を明らかにするために、プロジェクトメンバーは、外洋域や沿岸域、無人島や極域と世界をまたにかけ研究しています。対象とする動物は、クジラやアザラシ、ペンギン、海鳥、ウミガメ、魚と多岐に渡り、今までに50種類以上の動物の調査をしてきました。今日もまた私たちは、動物の未知なる生態を探求するために調査・研究を続けています。



最近の更新

21.Nov.2016
論文 Yonehara et al. 2016
21.Nov.2016
論文 Miller et al. 2016
21.Nov.2016
論文 Fukuoka et al. 2016
21.Nov.2016
論文 Miyata et al. 2016
11.Mar.2016
論文 Robson et al. 2016



新着論文

Yonehara Y,
Goto Y, Yoda K, Watanuki Y, Young L.C, Weimerskirch H, Bost C, Sato K. Flight paths of seabirds soaring over the ocean surface enable measurement of fine-scale wind speed and direction. PNAS (2016) DOI: 10.1073/pnas.1523853113.
Miller P.J.O,
Narazaki T, Isojunno S, Aoki K, Smout S, and Sato K. Body density and diving gas volume of the northern bottlenose whale (Hyperoodon ampullatus). Journal of Experimental Biology. 219: 2458-2468 (2016)
Fukuoka T,
Yamane M, Kinoshita C, Narazaki T, Marshall G.J, Abernathy K.J, Miyazaki N, Sato K. The feeding habit of sea turtles influences their reaction to artificial marine debris. Scientific Reports 6: 28015 (2016))
Miyata N,
Mori T, Kagehira M, Miyazaki N, Suzuki M and Sato K. In situ CTD measurement using fish-borne recorders reveal short-term excursions of Japanese sea bass from sea water to freshwater Aquatic Biology 219: 2458-2468 (2016)
Robson A.A,
Halsey L.G and Chauvaud L. Feet, heat and scallops: what is the cost of anthropogenic disturbance in bivalve aquaculture?.Royal Society Open Science. 3: 150679 (2016)



問い合わせ

研究室:
〒277-8564 千葉県柏市柏の葉5-1-5
東京大学大気海洋研究所 行動生態計測分野
教授 佐藤克文
メール:
katsu[at]aori.u-tokyo.ac.jp
電話:
04-7136-6220
HP:
佐藤克文研究室